製品情報

LED照明の選び方

波長による選定

LEDの波長

  ※記載波長は参考値です。また、上記に当てはまらないLEDを使用している製品もございます。

短波長になるほど散乱率は大きくなり、表面の検査用途に向いています。

ワークと照明が同じ色になると、コントラストが悪くなります。

カラー処理をされないときは、低コストの赤色照明からの選定をお勧め致します。


波長とワークの対比

一般的な照明とは「明るくする」という意味合いですが、画像処理のフィールドでは検査した項目のみを「強調させ」「最適な画像を撮像する」ことが重要な役割になってきます。 一般的な補色の関係を考慮した、波長(照明色)とワークの色関係は下記の表のようになります。

LEDの波長とワークの対比

  ※代表例になりますので、ワークの特性(反射・透過・吸収)・カメラ・レンズ(光学系)との相性により、
   当てはまらないこともあります。


色の反射と吸収

LEDの色の反射と吸収

LED照明のタイプによる選定

直射方式 ダイレクトリング照明、ダイレクトバー照明など

  • LED素子を高密度に実装
  • 明るさが必要な時に最適な照明です

同軸落射方式 同軸落射照明

  • ハーフミラーを用いてカメラと同じ光軸にて照射
  • 文字検査などに最適です

透過方式 角型エッジライト照明、チップ面発光照明など

  • 均一な面発光照明
  • バックライトによる形状検査に最適です

スポット方式 同軸・スポット照明

  • 光ファイバライトガイドの置換え
  • スポット照明としても最適です

間接方式 無影リング照明、ドーム照明など

  • 間接的な光により素子の映りこみがありません
  • 光沢のある対象物に有効です

特殊照明 RGB照明、赤外・紫外照明など

  • 3色・赤外・紫外・防水など
  • 特殊なご用途に
全品カスタム対応可能!デモ機の貸出や照明選定もご相談下さい!

ログイン状態の場合、会員登録情報が自動で入力されます。

入力項目に誤りがあります。
貴社名*
部署名
お名前*
Email*
Email確認*
電話番号
郵便番号
住所が自動で入力されない場合は直接入力をお願いします。
住所
お問い合せ内容 お見積り  カスタム  照明シミュレーション  ご相談
※ 照明シミュレーションについてはこちらのページを御覧ください。
※ 貸出依頼についてはこちらのページからお申込みください。
ご用件*
*は必須項目